bon-yoのワイン日記

ワインにハマった中年女がデイリーワインと呑気な日常を記録するブログ

茅乃舎東京駅グランスタ店の定食

f:id:lazytraveler:20171104211921j:plain

最近の出汁ブームの火付け役である茅乃舎さん。私も味噌汁に鍋にと愛用していますが、今まで日本橋新宿高島屋くらいしか店舗がなかったけど遂に東京駅のグランスタ内に新店をオープン!しかも出汁メニュおーを出す簡易レストラン付き!!

f:id:lazytraveler:20171104212155j:plain

こちらは九州豚汁と炊き込みご飯のセット。お出汁が効いてて染みるー。。お茶に代えて別途「出汁」も出てきます🍵

仕事帰りの一人ご飯の時などに身にしみる、丸の内サラリーパーソンの強い味方!!

メニューはこちら。

f:id:lazytraveler:20171104212415j:plain



アニメカレー屋さん?スープカレーのカムイ

大好きな秋葉原の担々麺屋さん、雲林坊に休日に行こうとしたけどあまりに行列がすごくて挫折して、その隣の路地裏にあった「カムイ」という美味しそうなスープカレー屋さんに入ることに。

ところがこちらも特に人は並んでないにも関わらず満席とのことで待っていたらなんだかんだで数十分待ち。一体どういうこと?と思いながらようやく入れてもらえたら。

 

f:id:lazytraveler:20171030003216j:plain

ぎゃー。これは一体なにごと。壁面一面のアニメキャラ。そういえば店員さんもメイド姿だし、わずか6席の2階の店内のお客さんたちは黙々とお店備え付けのアニメ雑誌?同人誌?などを読んでいる様子・・・なかなか入れないのはこういうことだったのか!

 

f:id:lazytraveler:20171030003425j:plain

でも、スープカレー自体は、めちゃくちゃ美味しかったです。

食べログでも評価は高いご様子。

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13121713/

 

本当に美味しかったし野菜も豊富で栄養もあるから、また食べたいと思いました。でも店内の様子は特にアニメ等に詳しくない私にはかなり肩身の狭いものがあり・・・ぜひ、一般人?向けの都内2号店(本店は札幌らしい)を開店してくださることを望みます。

 

究極の飲むヨーグルト,「贅酪」。

究極の飲むヨーグルト見つけました。
その名も、「贅酪」(ぜいらく)。

f:id:lazytraveler:20170819231032j:plain


「砂糖、香料、安定剤不使用」で、一本400円。成城石井で買いました。

これ何がすごいって、本当に「ヨーグルトを飲んでいる。」って感じそのままなんです。食感もドロっとしていて、巷の液状のような飲むヨーグルトとは違って、ほんと生乳を発酵させたものを飲んでいるって感じ。まさに正真正銘の飲むヨーグルト。

しかも砂糖不使用だと甘くないのかな?と思いきや、しっかりと甘くて酸味との兼ね合いも丁度いいんです。まろやか。

 「贅酪の優しい甘さは、生乳に含まれる乳糖を酵素分解して生まれた甘さです」とのこと。ひえー自然にこんな甘さが生まれるんですねえ生乳すごい。

f:id:lazytraveler:20170819232142j:plain


ちなみに「食べ物の中で飲むヨーグルトが2番目に好き」といううちの夫の感想は(一番目は梨)、「バリかただね」とのこと。

飲むヨーグルト界の革命児、バリかた?の「贅酪」、ぜひ一度お試しあれ。


ワンダーコア2

f:id:lazytraveler:20170809232713j:plain

中年になり出っ張ってきたお腹対策に、この前ビッグカメラの店頭で見つけた「ワンダーコア2」なる腹筋トレーニングマシーンを買ってみたのですが、これ、めちゃいいです!!!

お腹がポッコリしていることは気になりつつもなかなか腹筋なんて自力ではできずポッコリお腹を諦めて見守る日々。。でしたが、これなら私でも無理なく家でテレビを見ながら腹筋ができます。背もたれ用のローラー部分がぐいーんと伸びて、気持ちよく伸びをするような感じで腹筋できます。また、腕のトレーニング用に手でつかんで引っ張れるワイヤーも付いており、こちらも伸ばしたり縮めたりしながら無理なく腕立て伏せ代わりのトレーニングもできるようです。

このワンダーコアの商品プロモーションが言うように、「無理!無理!絶対無理!!」と思っていたお腹引っ込めトレーニングが、家でテレビを見ながらできちゃうかも❤️今度こそ持続しますように。。

広告を非表示にする

イムブコ シュナンブラン ヌーヴォー 2017

f:id:lazytraveler:20170809212433j:plain

今年一番の猛暑日かつ定時帰りデーに、成城石井で冷やされていた南アフリカの白ワイン、IMBUKO NOUVEAU (イムブコ ヌーヴォー)2017、 1390円。 南アフリカの白ワインの代表品種であるシュナンブランだそうです。2017って摘みたてですね、ボジョレーヌーヴォーにあやかってるのかな。

お味は、うーんまあまあですかね。最近飲んでたニュージーランドの白ほどのスカッとする子気味良さはないです。酸味ももうちょっと欲しい。あと酔いやすいかも。安酒は悪酔いするっていうけど、やっぱり白ワインでも2000円以上は出さなきゃだめかなあ。

でもコスパと味のバランスは良いと思うので、特にこだわらず冷えた白ワイン飲みたい!って時ならいいかも。


不定期ビーガン。

f:id:lazytraveler:20170805233336j:plain

職場の近くのビーガン&オーガニックのランチを提供してくれるカフェ。最近、週に2〜3回通っています。


ビーガンとはご存知の通り肉魚卵など動物性の食物を使わず、豆や穀物だけを原料とする料理を食べる主義の人を指します。

完全ビーガンを貫くと、動物性たんぱく質が足りなくなるとか、ていうか肉食べたいし不自然!とかいうことで多数派の支持は得られないのが現状ですが、それでも知識人を中心に、肉や魚(特に家畜として育てられる肉)を食べるのは単に野蛮だということではなく、非合理的で生産的でない、という意見が主流になりつつあるようです。

牛や豚を家畜として食べるために育てるというのは、非人道的(動物ですが)なだけでなく、それらの養育のために使われる餌を世界の飢餓の解決に回したほうがいいし、家畜が出す二酸化炭素が温暖化を促し環境破壊を促進するんだそうです。

だから、そのような弊害をもたらす家畜の数をできるだけ減らし、また魚の乱獲による魚の絶滅を防ぐためにも、肉や魚を一切食べるなとは言わないけど、せめて毎日食べていたのを週2-3回に減らして、週の半分はビーガン生活をすることを心がける人が増えるだけで環境や生態系を守ることに繋がる、と主張するのが最近の穏健なビーガン支持者たちの意見のようです。


私はそういった主義主張はありませんが、加齢とともに昔ほど肉を食べたいとは思わなくなりました。30代はじめくらいまでは週一で焼肉を食べに行ったりして超野蛮生活を送っていたのですが。。

ということで、自然な流れで週2-3回は体に優しそうなビーガンランチで済ませてもいいかなと思いようになり、ビーガン&オーガニックカフェに週に何度か意識的に通うようになりました。結構美味しいし腹持ちもいいんですよね、玄米とか豆とか豆腐って。それにお昼にこれでもか!ってほど健康的な食事をとると、その夜は少しサボって適当なツマミとワインとかで済ませても罪悪感がないし、夜に楽ができていいんですよ♪


不定期ビーガン、オススメです。

f:id:lazytraveler:20170805235254j:plain



広告を非表示にする

リボンウッド マールボロ リースニング2014

f:id:lazytraveler:20170805230329j:plain

成城石井で売ってた、Ribbonwood Marlborough(リボンウッド マールボロ)という品名のニュージーランドの白ワイン。これはすっきり辛口のリースニング2014年。2300円くらい。同じシリーズでソーヴィニョンブランもありました。

やっぱりニュージーランドの白はすっきり爽やかで外れがないなあという感想。とくにこのブランドは、土壌に負担をかけない農法を徹底しているのだそうですよ。確かに気のせいかとても自然な味で悪い成分が少なそうなお味。

全然悪酔いしないしゴクゴク飲めちゃいます。リースニングらしい酸の強さがあり、それが好きだったけど、最近は少し上品にソーヴィニョンブランも試してみたいかも。